表参道ヒルズから1分、渋谷からも近い フランス語&外国語教室!わかる喜び・話せる楽しさであなたのやる気を実力に!

ラブレフランス フランス語教室


仏語・英語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語・中国語
先生紹介 サイトマップ 個人情報保護方針 学校概要

 ラ・ブレ・フランス 語学教室

24時間受付中 TEL:03-5775-0332 

お問い合わせ


体験レッスン

レッスン & サービス

トップ

レッスンの内容

ラ・ブレ・フランス

先生の紹介

生徒の声

料金

FAQ

アクセス

お問い合わせ

インフォメーション

ブログ

学校の雰囲気

先生募集

リンク

RSS ニュースリーダー

Add to Google

アクセス地図

信頼

芸能人が通ってる学校

銀行パートナー

スペイン語

 スペイン語とは

スペイン語は、ヨーロッパ語族イタリック語語派に属する言語です。世界で約4億2千万人の人によって日常的に話されています。

ラテンアメリカ地域では国際共通語です。

スペイン語を公用語としている国と地域は20以上で、世界で英語、フランス語に次ぐ3番目に多くの国で使用されている言語です。

国際連合では、英語・フランス語・中国語・ロシア語・アラビア語と並ぶ6つの公用語の1つです。インターネットにおいては、英語と中国語に次ぐ第三の言語です。

日本では一般的にスペイン語と呼ばれることが多いですが、イスパニア語と呼ばれることもあります。また、スペイン語はポルトガル語と似た部分が多く、かなりの水準で意思疎通が可能であると言われています。

歴史 スペイン語は、ローマ帝国の公用語であったラテン語の口語である俗ラテン語をもとに、アラビア語などの影響を受けながら発達しました。

8世紀に北アフリカからイスラム教徒がイベリア半島に侵入し、その後キリスト教徒による再征服運動、レコンキスタが起こりますが、この時期に俗ラテン語はロマンス諸語に変化したと言われています。

このロマンス諸語が後にポルトガル語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ルーマニア語などに分かれて行きました。

イベリア半島ではアラビア語などの影響も受けながらイベリア系ロマンス語が発達しカスティーリャ、レオン、ポルトガル、そしてイスラム系タイファ王国などでも使用されていました。

やがて、レコンキスタの過程でカスティーリャ王国はその中心勢力となり、スペイン王国の誕生後は事実上、統一スペインの国家語となりました。

このため、現在もスペイン語のことをカステリャーノと呼ぶ人は多いです。このような歴史的な経緯により、スペイン語は、文法などはラテン語の規則を多く受け継いでいますが、単語はアラビア語から借用したものも多く使われています。

特に、アンダルシア方言は最も強くアラビア語の影響を受けています。かつて、イベリア半島のムスリム(イスラム教徒)の間では、スペイン語もアラビア文字で表記されることが少なくありませんでした。

イベリア半島のムスリムはベルベル人が多かったので、スペイン語はベルベル語の影響も受けています。同じイベリア半島で話されているバスク語はローマ帝国やケルト人の進出以前から半島で使われていた言語であるため、スペイン語とは大きく異なりますが、スペイン語はバスク語の影響も受けています。

方言 スペイン語の方言には、カスティーリャ方言、アラゴン方言、アンダルシア方言やラテンアメリカの各方言であるカリブ・スペイン方言などがあります。

かつてはアラゴン地方、カタルーニャ地方、バレアレス諸島、バレンシア地方、アストゥリアス地方、レオン地方、ガリシア地方の言語がスペイン語の方言とされた時期もありましたが、現在ではカタルーニャ語、バレンシア語、ガリシア語はいずれも独立した言語であると考えられており、それぞれの地方において公用語とされています。

話者の分布 さきほども触れたように、スペイン語は国際連合における6つの公用語の一つで、スペインをはじめ、中南米18ヶ国、アフリカ1ヶ国、計20ヶ国における公用語です。ヨーロッパではスペインの、中南米ではコロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、アフリカでは赤道ギニアの公用語です。

スペインではスペイン語のほかに、カタルーニャ語、バレンシア語などが地域によって公用語として認められています。中南米では、ガイアナ、スリナム、ハイチなどを除く多くの国でスペイン語が使われています。

ベリーズでは、英語が唯一の公用語ですが、ベリーズで最も話されているのはスペイン語です。ポルトガル語が公用語であるブラジルでも、第二言語として広く話されています。

アメリカでも、かつて南西部一一帯がメキシコ領であったため、ニューメキシコ州ではスペイン語が事実上の公用語となっています。

近年では急速にヒスパニックと呼ばれる中南米のスペイン語圏諸国をルーツに持つ移民が急増したため、アメリカでは公用語の英語に加えてスペイン語が第二言語になりつつあります。

この状況をうけて、英語を母国語とするアメリカ人でもスペイン語を学ぶ人が急増しています。 発音 母音は、a.e.i.o.uの5つで日本語とほぼ同じです、ただし、uは日本語の「う」よりも口をすぼめて発音します。

また、アクセントのある母音はやや長めに発音されることが多いので日本語話者には長音に聞こえることがあります。 原則、語末が母音かn,sのときは最後から二番目の母音にアクセントがきます。

語末がn,s以外の子音である場合には強勢は最終音節にきます。このため、原則通りのときにはアクセントを示す特別な表記はしませんが、原則以外のところにアクセントがくる場合にはアクセント記号を使用します。

また、スペインで話されるスペイン語とラテンアメリカのスペイン語では発音が若干異なります。これらのことに気をつければ、表記がほぼ発音をしめしているのでローマ字の日本語読みと同様の感覚で単語を読むことができます。

スペイン語の発音において特に特徴的と言えるのが、巻き舌を使った発音です。rの際に巻き舌で発音し、rrの場合には強い巻き舌となります。

日本語には無い発音の仕方なので慣れるまでは苦戦する人も多いですが、生の発音に触れ、徐々に慣れていきましょう。 アルファベット アルファベットは、母音はローマ字のようにそのままに発音し、子音は子音+eを足した発音をします。

例えば、bは「ベ」と発音します。 文法の特徴 名詞は、男性名詞と女性名詞に分かれます。〜o、〜eで終わると男性、〜aなどなら女性という規則性があるので、比較的判別が容易です。複数形については(e)sをつけて作ります。

これはフランス語やポルトガルなどの西ロマンス語の特徴です。 定冠詞は男女・複数の別ごとに存在します。男性単数はel、女性単数はla、男性複数はlos、女性複数はlas、中性はloです。

形容詞は基本的に名詞に対して後置されますが、話者の主観を述べる場合などには前置されることがあります。また、掛かる名詞の性数に一致して変化します。

動詞の基本形の語尾は、〜ar、〜er、〜irのいずれかになります。動詞には直接法、接続法、命令法があります。直接法は現在、点過去(完了過去)、線過去(不完了過去)、未来、過去未来、現在完了、直前過去完了、過去完了、未来完了、過去未来完了があります。

接続法では現在、現在完了、過去完了が存在します。接続法は、予想、憶測、希望など事実と認識していないときに使用します。

弱い命令の際にも用いられます。各動詞は、各時制において主語の人称・数に応じて6通り(中南米では実質5通り)に活用します。主なものは規則動詞でいくつかの不規則動詞がありますが、それほど多くはありません。

日本語とスペイン語 スペイン語に由来する日本語 生物や自然、料理、服装などあらゆる分野でスペイン語に由来する日本語が存在します。例えば、アルマジロ・コヨーテ・カルデラ・トルティーヤ・ゲリラ・カスタネットなどがあります。

日本におけるスペイン語学習 現在、日本でも多くの人がスペイン語を学習しています。書店でも多くの参考書を目にします。どの言語を学ぶ際にも共通して言えることですが、語学を習得する際には文法、発音、会話などを総合的に学ぶことがとても重要です。

文法ばかり学んでいてもいざ会話する際に発音が分からない、ということでは意味がありませんし、会話ができるとしてもある程度のレベルになり、新聞や本を読んだりする際には文法もとても重要な要素になります。

例えばスペイン語検定の参考書は、初心者〜上級者までレベルごとにバランス良く学べるようになっていますので、文法の学習をする際にはとても効率的な参考書です。会話や発音を学ぶ際には、スペイン語教室でネイティブの発音に触れ、実践の場を設けることが望まれます。

特に、巻き舌は日本語には無い発音で、ネイティブの発音に近づくためには実際に発音している先生の真似を繰り返すことで早い上達が期待できます。

幸い、日本でスペイン語を学ぶ人が増加している傾向で、参考書もスペイン語教室も以前より増えてきていますので、自分に合った勉強方法で新しい言語習得に励みましょう。

スペイン語を話す人は暖かい地域出身の人が多いので、おおらかで楽しい人柄に触れることができるでしょうし、スペイン語圏であるメキシコなど、日本ひいきの国も多いので、スペイン語を学ぶことで新しい世界が広がり、より豊かな経験ができることでしょう。

ラブレフランス教室 フランス語&外国語

東京・渋谷区・表参道・原宿・仏語・英語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語・ロシア語・中国語ならラブレフランス教室