表参道ヒルズから1分、渋谷からも近い フランス語&外国語教室!わかる喜び・話せる楽しさであなたのやる気を実力に!

ラブレフランス フランス語教室


10か国語が学べる教室
先生紹介 サイトマップ 個人情報保護方針 学校概要

 ラ・ブレ・フランス語教室

24時間受付中 TEL:03-5775-0332 

お問い合わせ


体験レッスン

レッスン & サービス

トップ

レッスンの内容

ラ・ブレ・フランス

先生の紹介

生徒の声

料金

FAQ

アクセス

お問い合わせ

インフォメーション

ブログ

学校の雰囲気

先生募集

リンク

RSS ニュースリーダー

Add to Google

アクセス地図

信頼

芸能人が通ってる学校

銀行パートナー

フランス語

 フランス語とは

フランス語は、インド・ヨーロッパ語に属する言語です。

ラテン語から派生したと考えられていて、発音や文法などでイタリア語やスペイン語と似た部分があります。

特に読み書きの部分で似通っているところが沢山あり、フランス語を母国語とする人はスペイン語新聞を半分くらい理解できるほどとも言われています。

フランス語を学ぶことで、ラテン語系の言語に強くなり、旅行やビジネスでヨーロッパに触れる折にはとても役立つこと間違いなしです! 世界中で使われているフランス語 フランス語を母国語とする人は、7200万人といわれています。

英語、スペイン語に比べると母国語とする人は少ないですが、実際には英語についで世界で2番目に多くの世界で使用されている言語です。

フランスやスイス、ベルギーをはじめかつてフランス領、ベルギー領だったアフリカ諸国、カナダの一部などで広く使用されています。

また、国際連合や欧州連合といった国際機関の公用語としても認められているため、世界で活躍したいと願う、世界中の学生にも幅広く学ばれています。

フランス語の歴史 ガイウス・ユリウス・カエサルが今のフランスを征服するまでは、フランスの大部分はガリア人と呼ばれていた、ケルト語を話す人々と、ガリア北海岸のベルガエ人が占めていました。

フランス南部にも、ピレネーと地中海西部に広がっていたイベリア人や地中海東部のリギュール人、マルセイユやアンティーブといったギリシャの植民地など、複数の異なる文化や言語が存在していました。

ガリアのケルト人がゴール語を話していたことはある程度証明されていて、アルプスの南端ではレポルト語も話されていました。

ラテン語から進化したフランス語は、これらのゴール語の影響も受けています。リエゾンやアンシェヌマンと呼ばれる音韻は、ゴール語からきていると言われています。

また、フランス語と近隣のフランス語方言には、今も200程度のゴール語起源の単語が残っており、それらのほとんどは民衆の生活に関連したものです。

例えば、「くぼち」=combe、「荒地」=lande、野生生物の「ヒバリ」=alouette、「どじょう」=loche、「切り株」=soucheなど農村の生活に密に関連する言葉や、一般的な動詞である「恐れる、心配する」=craindreなどがあります。

その他のケルト語の単語は、ラテン語を通してフランス語に取り入れられています。

ラテン語は都市部の上流階級の間で貿易、公務、教育などに使用される目的で急速に広まりましたが、地方の領主や農民たちにとってラテン語はほとんど社会的価値がなかったため、ラテン語が普及するのは4、5世紀後のこととなりました。

結果的に、都市集中の経済から農場中心型の経済への移行、農奴制など、王政時代の社会的要因により、ラテン語が民衆にも普及しました。

3世紀ごろから、西ヨーロッパは北と東からゲルマン人部族による侵略を受けました。そのうちいくつかの部族がガリア(現在のフランス・ベルギー・スイス及びオランダ、ドイツの一部)に定住しました。

これらの部族のうち、フランス語の歴史において大きな影響を与えたのは、現在のフランス北部に定住したフランク族、現在のドイツ、フランス国境付近のアレマンニ族、ローヌ渓谷のブルグント族とスペインのアキテーヌ地域に定着したヴィシゴート族です。

ゲルマン語族の言語はそれぞれの地域で話されていたラテン語に非常におおきな影響を与え、発音、文法両方を変化させました。

また、ゲルマン人の言語からラテン語に対して新しい言葉が大量に持ち込まれました。

現在のフランス語の語彙にも、これらの言語が色濃く残っています。

なお、フランス語に沢山の影響を与えたゲルマン語は、7世紀ごろから徐々に役人の第二公用語になり下がるようになり、10世紀には、口語としては完全に消滅してしまいました。

現在のフランス語に至る過程において、次に大きな変化がもたらされるのは西暦1204年のことです。西暦1204年にノルマンディー公国はフランス王国領となりました。

そして、古ノルド語に起源をもつ約150の語が、ノルマン語に取り入れられました。

それらの多くは海や航海に関係する語です。

このほかにもアラビア語やオランダ語なども、ラテン語やスペイン語を通じてフランス語に入ってきました。 中世になり、1300年代にフランソワ1世は従来使われていたラテン語を駆逐してフランス語をフランスにおける行政と司法などの公用語にしました。

このことにより、公用語として標準語が話されることとなり、フランス語の方言は浄化され、実質的には消失していきました。

1550年に、最初のフランス語の文法解説書がルイ・メグレーにより出版されました。

芸術的概念を表す敬語や高級品、食品などイタリア語を起源とする言葉はこの時代に生まれました。

1634年に、リシュリューがフランス語の浄化や保護を目的としたアカデミー・フランセーズを創設しました。

この財団は今も存在し、言語政策や外国語の単語や表現の翻案にあたっています。最近ではコンピュータ用語の編纂なども行っています。

17世紀から19世紀にかけて、フランスはヨーロッパの中心国であり、啓蒙時代の影響とともにフランス語は芸術や文学、外交において繁栄しました。

また、アカデミーや国家管理、メディアの役割を通じて、公用語としてのフランス語が浸透していきました。

公用語のフランス語は、この時代にフランスほぼ全土に浸透していきましたが、地域ごとのアクセントや単語に関しては今日も大きな地域格差が残っていると言われています。

現在のフランスでは、フランス語の保存と英語からの影響に関して、特に国際的なビジネス、科学、大衆文化の分野で議論があります。

フランスではフランス語の保存のための法律があります。

例えば、印刷物の広告と看板においては、外国語表現を含む表現はフランス語への翻訳を同時に掲載しなければならない、など様々な制約によって保護されています。

かつてフランス語はヨーロッパでの国際言語であり、17世紀から20世紀半ばまで国際的な外交言語でした。

しかし、第二次世界大戦後にアメリカが国際的なスーパーパワーとなったことにより、フランス語が占めていた国際言語の地位は英語に取って替わられました。

現在はフランスに本社を置く国際的な大企業においても、フランス国内でさえフランス語と英語が使われることが多くあります。

しかし、フランス語を学ぶ人は英語に次いで世界で2番目に多く、また特にアフリカなど一部の地域では公用語ともなっています。

国際連合などの国際機関の公用語ともなっており、世界でもなお、重要な役割を担う言語となっています。

フランス語の発音について フランス語は、発音の美しさがとても魅力です。親しみのある日本語とも、英語とも異なるので難しいのでは?と思いがちですが、多くの言語を学ぶときに言えることですが、発音の規則を覚えてしまえば難しいことはありませんし、テレビやラジオでネイティブの発音に触れる、語学学校などでネイティブの先生に学ぶなどすれば、美しい発音が可能です。

フランス語の発音の特徴として、スペイン語やイタリア語のような巻き舌を使うことはありませんが、rの発音の際に、日本語には無い舌の使い方をします。

Rは、(エール)と発音しますが、この、最後のルのときに、舌を上あごにつけるイメージで発音します。慣れるまでは少し難しいですが、何度も練習すれば美しいrの発音もできるようになり、Rの発音ができるようになると、格段に母国語らしいフランス語へと発音のレベルが上がります。

また、Hがつく場合(ha,hi,hu,he,ho) 、多くの場合はhの発音はせず、(あ、い、う、え、お)となります。例えばhomme=人間、男性、という場合、ホム、ではなくオムと発音します。

R、Hの発音以外にも、最後の子音は発音しない、などいろいろな規則がありますし、もちろん例外もありますが、比較的規則性が高い言語と言われていますので、それらを少しずつマスターすることでフランス語の美しい発音が可能となります。

フランス語の綴りについて フランス語の綴りはアルファベットを使います。フランス語ではアルファベットのことをアルファベと呼びます。英語と発音が異なり、A、B、C、D、E、F、G=ア、ベ、セ、デ、ウ、エフ、ジェ、と続きます。

またフランス語では発音の便宜上、英語にはない、幾つかの綴り字を使用します。例えばeは、(ウ)と発音することが多いのですが、eだと(エ)と発音します。他にa、e、cなどがあります。

フランス語を初めて学ぶ方には見慣れない文字だとは思いますが、使い方に慣れてくればそんなに難しいことはありませんので少しずつ覚えていきましょう。

フランス語の文法について フランス語の動詞は、人称、数などに対応して活用します。フランス語の活用は一見複雑に見えますが、とても規則性が強いので、その規則を覚えてしまえばさほど難しいものではありません。

たとえばaimer=好きである、という言葉に代表される活用、aimer型と呼ばれるものがあります。フランス語の動詞は語幹と語尾という部分、つまり語幹+語尾でできています。

Aimerは、aimという語幹と、erという語尾でできています。活用では、必ず、後ろの部分の語尾が活用します。Aimer型と呼ばれる動詞は、現在形(現在のことを言う文)では、語尾の部分(er)が、e,es,es,ez,ont,entと活用します。

例えば、私はあなたが好きです。という言葉、ジュ・テームは、je(私)はtu(あなた)がaime(好き)、つまり、je(私)にaimerがaimeと活用します。

さらに、予断ですがフランス語には母音と母音が隣あったときに、先にくる発音を発音しないリエゾンという、発音の規則が存在します。

例外ももちろん沢山ありますが、この場合リエゾンが採用され、je t’aime=私はあなたが好きです、となります。

Aimerの活用は、フランス語の活用のほんの初歩部分ですが、沢山の動詞にも対応できる活用の基礎の形です。

このほかにも沢山の活用の規則がフランス語にはありますが、普段の会話をするうえでは、日本語、日本人同士であっても、主語を省く、助詞や接続詞を間違える、ということも多々ありますよね。

フランス人同士でも、会話の中においての文法の間違えは起こりえているものです。

ですから、あまり最初から、動詞の活用にとらわれる必要はありません。

動詞の活用はフランス語を学ぶためにはとても重要なものですから、フランス語初心者から少しずつ学習に取り入れ、徐々にマスターして、より正確なフランス語を使えるように努めたいものですね。

フランス語の敬称について 日本では○○様、○○さん、と、性別などであまり区別しませんが、フランス語では、男性にはmonsieur、女性にはmadame、mademoiselleというように性別、年齢で敬称を区別して使います。

Madame,mademoiselleどちらを使うか微妙な場合はmademoiselleを使用することが多いですが、高級レストランや高級ブティックというように大人の女性が利用する、と考えられている場所ではmadameが良く使われます。フランスでは手紙の宛名だけでなく、ホテルの予約、日本語で、「ちょっとそこのご婦人!」といった呼びかけをする場合などにも良く使用しますので、覚えておくと便利ですよ。

このように、フランス語は学べば学ぶほど奥が深く、興味深い言語です。決して簡単ではありませんが、あなたも一歩踏み出し、新しい言語を学んでみませんか?きっと、新しい世界が広がるはず! フランス語の学び方について フランス語を学ぶといっても、方法は様々です。

文法を学ぶのであれば、現在は良い参考書が色々と販売されていますので、実際に目でみて、学びやすいと感じたものでトライしてみましょう。

個人の感覚でレイアウトや色遣いなどの好みが分かれ、これが意外と勉強のやる気を左右するので、実際に参考書を手にとってみることが重要です。

どれが良いのか分からない・・・と思う方は、インターネットなどの口コミをある程度参考にしてもよいですし、語学学校で採用されているもの(オリジナルを採用する場合も多いですが)は、教える側にも定評があると言われています。

しかし、発音や会話など、トータルで学ぼうと思う場合はやはりどんな形であれ、語学学校に通った方が上達よいでしょう。

初心者でも、そうでなくても参考書などで学んでいるうちに必ず疑問が出てきます。この発音は?この仏訳の他に回答はないの?などです。

語学は数学と違い、回答は一つではありません。文法的に間違っていては論外ですが、作文や和仏、仏和訳では多くの正解が存在します。

その疑問をそのままにしない、ということが語学を学ぶ際はとても重要です。また、ラジオやTVでリスニング、ディクテーションなどの力は養うことはできますが、やはり生きたフランス語の会話を学ぶには、フランス人の先生と会話することがとても大切です。

グループレッスンであっても、個人レッスンであっても、いかに積極的に会話に参加できるか、ということがとても重要です。

グループレッスンの場合、2〜5人くらいの他の生徒の方のどの生徒さんよりも発言する。というくらいの意気込みが必要です。

疑問があったら遠慮せずにその都度聞くようにして、他の生徒さんが発言する際にも、自分ならこう言う。などのシミュレーションをして、常に自分が会話している、という感覚で臨みましょう。

グループレッスンの場合、1時間のレッスンであっても実際に自分が話している時間はとても短いです。しかし、その時間をどう使うかで、グループレッスンでの上達具合は全然違ってきます。

また、実際の会話は2人だけでなく、数人で会話する、ということも多々起こりますので、その訓練をするという意味でも、価格面だけでなく、グループレッスンにも有益な部分はあります。しかしながら、同じ1時間のレッスンを受ける場合、言うまでもなく個人レッスンとグループレッスンには、発言の回数、上達具合には雲泥の差が出ます。

個人レッスンは割高ですが、1時間でグループレッスンの何倍もの上達が期待できます。また、個人レッスンであれば、自分が学びたいことをその場で学ぶことができます。

ディクテーション、文法、会話など自由に組み合わせることができます。しかしながら、個人でレッスンをするということは、先生を独り占めするとても貴重で贅沢なレッスンです。

グループレッスン同様、1分でも無駄にしない!という意気込みで臨むことがなにより重要で、上達への近道とも言えます。学校によって、スタイル、場所、価格も様々です。

入学金や教材があるところもあれば、教材はコピーなどで済まされるところもあります。先生との相性もとても大事です。

フランス語教室の先生ですから、教室であれば教育された先生方ですので正しく美しいフランス語を教えてくださると思いますが、やはり人間同士ですから、聞き取りやすい、聞き取りにくいと感じるなど、個人差がありますし、単純な相性もあります。

是非、フランス語教室を選ぶ際には、書店で参考書を手にとるような感じで実際に目で確かめるようにしてください。

グループレッスンでは難しいかもしれませんが、教室によっては個人レッスンであれば、相談すれば色々な先生とのレッスンで、自分に合う先生を探すことも可能です。

グループレッスン、個人レッスンともにメリットがあるので、自分に合ったフランス語教室をうまく組み合わせて、上達をめざしましょう。

ラブレフランス教室 フランス語&外国語

東京・渋谷区・表参道・原宿・フランス語・英語・イタリア語・スペイン語・ロシア語・中国語ならラブレフランス教室